もっと知りたい、矯正のこと、医院のこともっと知りたい、矯正のこと、医院のこと

矯正についてもっと知りたい

[第3回] 矯正中の痛みは自分が変化している証拠

歯列矯正は歯に圧力をかけて動かす治療なので、どうしてもある程度の痛みを伴います。
ほとんどの痛みは矯正が進むに従ってなくなりますが、それを知らずに矯正を始め、突然痛みを感じたら、治療を続けることが不安になったり怖くなったりしてしまうでしょう。

また、ワイヤー矯正とインビザラインなどのマウスピース矯正では、どちらも痛みはあるものの、その種類や頻度に大きな違いがあります。

どうして痛みが発生するのか、どんな痛みがいつまで続くのかなどを知っておくことは、矯正方法を選んだり治療を続けるうえでとても大切です。
そこで今回は、矯正治療中の痛みについてご説明しましょう。

矯正中に発生する痛みは、大きく分けて主に下の3つです。

  • 矯正装置をつけたり、交換したことで起こる痛み
  • ものを噛んだり、上下の歯がぶつかったときの痛み
  • 口内炎ができたり、唇や口の中が傷つくことによる痛み

全ての痛みを体験する場合もあれば、そうでない方もいます。

(1)矯正装置をつけたり、交換したことで起こる痛み

矯正は歯を動かす方向へ圧力をかけますが、圧力が最も強くかかるのは初めて矯正装置をつけたときや交換したばかりのときです。
そのため、ほとんどの方が矯正装置をつけてしばらくすると痛みを感じます。

一般的に、痛みは1日くらいで弱くなり、2〜3日ほどで消えます。
そして日に日に圧迫感がなくなっていきます。

痛みの感じ方や程度は個人差がとても大きいようです。
キリキリと締め付けられるように強く痛むという方もいれば、ちょっとむずがゆくなる程度という方など、実にさまざまです。
これはどの痛みの場合でも同じです。

矯正装置をつけることで起こる痛みは、ワイヤー矯正とマウスピース矯正どちらでも起こります。

more03_01

ワイヤー矯正では矯正装置を付ける前に、セパーレーションリングという歯の間にすき間をつくるための装置を付けますが、これも歯に圧力をかけるため痛みが発生します。
矯正治療の最初に体験する痛みなので印象が強く残るのか、「セパーレーションリングがいちばん痛かった」という患者さまは少なくありません。
その後ワイヤー矯正装置をつけ、月に1回交換するのですが、交換のたびに同様の痛みが発生します。

マウスピース矯正のインビザラインでは、交換は2週間に1回です。
ワイヤー矯正より回数は多いですが、その分1回の歯の移動幅が小さく、歯にかかる圧力も少ないので、痛みは比較的軽くすみます。

また、マウスピース矯正は歯磨きなどの際に外すことができますが、このときにもジンワリとした鈍い痛みを感じる方がいらっしゃいます。
歯にかかっていた圧力がなくなり歯が元に戻ろうとするために発生する痛みで、長く続くことはありません。

(2)ものを噛んだり、上下の歯がぶつかったときの痛み

矯正装置によって圧力がかかり動かされている状態の歯は、とても敏感になっています。
食事などでものを噛んだり、何かの拍子に上下の歯がぶつかったりすると、その衝撃で痛みを感じたり、一時的に痛みが増すことがあります。

これもワイヤー矯正とマウスピース矯正、どちらの場合にも起こる痛みですが、
痛みの程度は個人差が大きく、強く噛んでもまったく痛まない方もいます。
また痛みがある方も、矯正が進んで慣れることでおさまる場合が多いようです。

(3)口内炎ができたり、唇や口の中が傷つくことによる痛み

これは主にワイヤー矯正で起こる痛みです。
口の内側の皮膚はとてもやわらかいので、ワイヤーの装置装置が当たって傷がついたり、口内炎ができてしまうことが頻繁にあります。

more03_02

矯正装置が当たらないようにカバーのようなものを付ける方法もありますので、
痛みがひどい場合やなかなかおさまらない場合は、医師に相談して対処をしてもらいましょう。

また、ワイヤー矯正には歯の表側に付ける唇側ワイヤー(表側矯正)と、歯の裏側に付ける舌側ワイヤー(裏側矯正)があります。
舌側ワイヤーは唇や口内のほっぺただけでなく舌も傷つけるため、痛みが大きく長引いてしまいます。

そのため当医院では、下あごでの舌側ワイヤーは行っておりません。
下あごの舌側ワイヤー(裏側矯正)を行っている病院もありますので、その場合は痛みについてよく医師に確認してみることをおすすめします。

なお、インビザラインなどのマウスピース矯正は、歯全体をマウスピースで覆ってしまうため、唇や口内を傷つけることはほとんどなく、この種類の痛みに悩まされる方はごく少数です。

以上、3つの痛みについてご説明してきましたが、トータル的にはマウスピース矯正の方がワイヤー矯正よりも、痛みの頻度や度合いは低くなります。
過去にワイヤー矯正を経験し、その後インビザラインで矯正をされた患者さまの中には、インビザラインではほとんど痛みを感じなかったとおっしゃる方もいらっしゃいます。

歯科矯正は美しい口元にしたい、噛み合わせをよくしたい、という希望を叶えるために行う治療です。
矯正中の痛みとは、まさに自分が変わっていっている証でもあります。
痛みをただ怖がるのではなく、前向きに「手応え」としてとらえていただければ、長い矯正期間を乗り越えていく力になるのではないでしょうか。

まずは無料初診相談で矯正治療に関する疑問やお悩みをお聞かせください「無料初診相談」お申し込みフォーム

まずは無料初診相談で矯正治療に関する疑問やお悩みをお聞かせください「無料初診相談」お申し込みフォーム